未踏高齢社会デザインシンポジウムのご案内

【テーマ】

自立共生支援AIとはなにか?

 

 

【開催情報】

東京CareWeek内 第2回超高齢社会のまちづくり展CareCITY2019イベント>

 

■日時  2019年2月7日(木)13:00-16:00
■会場  東京ビッグサイト 東3ホール セミナー会場H
(〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1) ※交通アクセス
■参加費 無料(事前申込みが必要です)

 

【共催】
情報処理学会 高齢社会デザイン研究会(ASD)
人工知能学会 コモンセンス知識と情動研究会(CKE)
認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ
みんなの認知症情報学会

 

【プログラム】

未踏高齢社会デザインシンポジウムでは、講演セッション(前半)と、参加者によるポジショントークを主体とした交流セッション(後半)に分け、「自立共生支援AIとはなにか?」というテーマに基づいて議論したいと思います。

 

12:30~ 受付開始
13:00~13:45 桐山伸也 (静岡大学)
「未踏高齢社会における自立共生支援AI」
13:45~14:15 竹林洋一(静岡大学/みんなの認知症情報学会)
「みんなの認知症情報学会の取り組み -市民情報学による知の共創-」
14:15-14:30  休憩
14:30-16:00  交流セッション
 希望者によるポジショントークと異分野交流

 

お申込みフォームはこちら

 

【参加申込みをする方へお願い】
本プログラムは東京ビッグサイトで行われる展示会「CareCITY2019」会場内で開催いたします。
その関係で、ワークショップの参加申込とは別に、展示会への「来場事前登録」も必要となります。
お手数をおかけしますが、以下展示会HPにてご登録をお願いいたします。
http://carecity.net/
「来場事前登録」の際、勤務先のない方は、会社名に「みんなの認知症情報学会」、
所属や役職は「なし」と入力して、業種や職種は「なし」を選択してください。

 

 

【関連イベント】

2月7日,8日は認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ、情報処理学会高齢社会デザイン研究会,人工知能学会コモンセンス知識と情動研究会、みんなの認知症情報学会との共催シンポジウムです。2月8日のシンポジウムにも引き続きご参加ください。

 

【2/8(金)11:30〜16:30】未踏高齢社会デザインシンポジウム 〜認知症にやさしいまちづくり〜
https://goo.gl/forms/bBUO7tSZXEQo25Ed2

 

【2/6(水)11:30〜16:30】当事者重視の「自立共生」支援ワークショップ
https://cihcd.jp/index.php/carecity/